東京、大阪で活動中のギタリスト海津信志のブログです。
by shinjikaizu
Twitter
カテゴリ
2014.9.15「BoA / WHO'S BACK?」
国産(だと思う)のCDの品質は本当に良いなぁ~。パッケージも丁寧。

1曲目から音質も凄く良くて感動。当たり前だけどこのクラスのアレンジやミックスのクオリティってあらゆる面で明瞭というか、聴かせたい事とか意図がしっかりしてるイメージですな。勉強になりやっすww

ちょっと時間があったので曲の感想↓↓

今回のアルバムはツボ曲多数ですわ。
ネタ元が分かるモノも、それがニクい使い方で痺れました。
c0207524_1224271.jpg

特にお気に入りは以下6曲。

♪02 Shout It Out
パっと聴きはノリの良いダンスナンバー。
でもコード進行、二つ目のコードで「!?」
「Ⅰ7/Ⅲ」!?
SISTARの「Touch My Body」でも思ったんですが、
こういうブルースっぽいクサくなりそうなコード進行をアクセントにできるのって
相当なテクニックが要るんだろうな。

♪03 Only One
切ない系のエレポップ。
イントロのギターは、打ち込みなのか生なのか分からない。
音色の良い音源なのか、完璧ジャズトタイムを出せるギタリストさんなのか。。
あながち僕は打ち込みギターが好きで、CHEMISTRYの「PIECES OF A DREAM」くらい
ベタっと来ても大丈夫です。完全ジャストで必要な時は、むしろ好んで使いたいくらいです。

♪04 FUN
全編シンセですが、シンセのエレキギター、スラップベースの音色も曲調にマッチしていて、
デジタルながらアナログっぽい雰囲気が出ています。
イメージ的にはKaty Perryの「California Gurls」をブラッシュアップした感じ。

♪05 Message
言わずもがなアンドレアス・オベルグ大先生の曲。11thコードの使い方が秀逸。そのコードを活かした素晴らしいアコースティックギターの音色が曲に花を添えています。

♪06 WOO WEEKEND
イントロwww完全にチャカ・カーンです。本当にありがとうございました。
全編80~90年代の空気が漂うディスコナンバー。構成、音色、メロディー、アレンジ、
ギタープレイどれを取っても参りましたって感じです。
このアルバムで一番好きかも。

♪10 The Shadow
BoAの韓国版「My Name」という2004年くらいのアルバムを持っているのですが、
そのアルバムを思い出すようなマイナー調のいかにもK-Pop的な曲。
サビのメロがシンプルながらもハーモニーとの兼ね合いが分厚く印象的で独特な雰囲気が出ています。

海津信志
チケット予約、出演依頼その他お問い合わせは
shinjikaizu@excite.co.jp
You Tube(曲視聴)
[PR]
by shinjikaizu | 2014-09-15 12:24 | 活動状況 | Comments(0)
<< 2014.9.21 2014年9月のスケジュール >>